交通事故の色々

交通事故が発生した場合には必ず被害者と加害者に分けられます。
もちろん単純な物損事故や自爆事故の場合には被害者が発生せず自分だけの問題となりますが、相手のいる事故の場合にはどちらが被害者になるのか加害者になるのかといった部分でどのような区別をするのかがわからないという人もいるようです。
交通事故による被害者加害者の区別というのは様々な意見がありますが、基本的には過失割合によって決められているものであり、怪我の大きさではありません。


しかしこれは自賠責を除く場合となっており、自賠責保険の場合には基本的に加害者や被害者といった外には持ちませんので、あくまでも自分が怪我をした分や、先方に怪我をさせてしまった部分での保障と言う内容になっています。
任意保険やその他警察に関しての事情聴取や事故証明を作る際には前述の通り過失そのもので加害者と被害者が区別されることになっています。
また過失割合を決める際にも双方でどのような状況の中事故が起きたのかについてはしっかり判断し、お互いに過失相殺を行うことによって最終的に保障する部分が決まってきます。


そのため自分の意識の中で被害者だと思っていても実際には加害者であるケースや加害者になってしまったと思っていても、実際には被害者だったということもありこの部分については保険会社や警察による現場検証などが行われて初めて決定する内容となっています。
また一度決まった被害者、加害者といった概念については、その後自分がどんなに納得がいかないからと異議申し立てをしても変わるものではなく事故が起きた時の過失によって決まりますので、自分の意見は原則として通らないものだと覚えておきましょう。


■特選サイト
交通事故の加害者もしくは被害者になってしまった場合の慰謝料について無料相談出来るサイトです > 交通事故の慰謝料